ごみの分別は簡単にできる!

ごみの分別を習慣化しよう

分別が簡単にできる工夫

まずは、分別を簡単にできる工夫を考えてみましょう。
皆さんの自宅にあるごみ箱は、どのようなものでしょうか。
各部屋に一つしかないような場合、分別の際は結局ゴミ箱以外のところに資源ごみをまとめておくことになり、なんとなく手間になってしまいます。
人によっては、そこで分別せず同じゴミ箱に入れっぱなしで捨ててしまう方もいらっしゃるかと思います。
まずは、ゴミ箱をごみの種類に応じて複数用意してみましょう。
各部屋でなくとも、一か所に集まるようにしておくことで、捨てるときに分別ができるようになります。
これを続けると、自然と分別の習慣が身に付いてきます。

また、自分の地域のごみの分別表を、いつもみるところやゴミ箱の近くにおいておくのも効果的です。
分別の仕方は地域によって違いますから、表を確認しながら捨てれば簡単に分別できます。

分別間違いを防ごう

適切にごみを分別することは、前のページでご紹介したようにとても大切です。
捨てる前に、別のごみが混入してないか確認しましょう。
中身をあけてチェックする習慣をつけます。
ゴミ捨て場に置く際は、ゴミ袋の口をしっかり閉じることが大切です。
万一ゴミ袋の口がゆるく、中身が散乱してしまうと、他の住民の方にも迷惑ですし回収してもらえないことがありますので注意してください。
地域によっては、ゴミ袋が細かく指定されている場合がありますから、一度確認しておきましょう。

ごみを溜めてから捨てるという方は多いと思います。
捨てるのが後だからといって分別をしないままにしていると、結局捨てるときに困ってしまいます。
ですから、必ず捨てるときに分別をするよう意識していきましょう。